太ると胸が大きくなるはホント?痩せたらバストが削げる?

太ると胸が大きくなると良く言われますが、あながち嘘ではありません。
問題は、バストだけ太くするのはむずかしいこと、ダイエットをしたときに太って得た胸は削げてしまいがちという点です。


太るとバストアップができてしまう理由と、大きくなったバストを美しく維持するためのポイントをご紹介します。

太ると胸が大きくなるメカニズム

女性の場合、ホルモンの影響で皮下脂肪がつきやすく、それも赤ちゃんの出産に備えてお腹回りにはあまり脂肪がつかないようになっています。

男性に比べると筋肉量が少ないため、腕・おしり・太もも、そしてバストまわりに脂肪が付きやすいのです。

太ると腕・お尻・太ももへのお肉が気になると同時に、バストにもお肉がついてきます。

胸だけにお肉を付けたい・太りたい場合は、部分的なマッサージや筋トレなどで胸以外にお肉が付かないように調整していくと良いでしょう。

【注意】太ってもバストがキレイに大きくなるわけでない!?

「よし、じゃあ太ればバストが大きくなるのね!」
残念なことに、そんなに単純ではありません。

バストが大きくなるには乳腺の発達が必要です。
というのも、脂肪は乳腺を守るために付きますので、肝心の守るべき乳腺が発達していなければ、体の他の部位に脂肪はつきやすくなります。(足やお尻など、ついて欲しくない箇所ですね…)

・エストロゲンの分泌量が増える生活習慣を心がける
・乳腺発達のためにバストマッサージでケアをしてあげる

などの工夫をしてあげることが大切です。

メリハリのある体&バストアップの両方を叶えるには○○が必要です

とある芸能人の方が「太ったときバストがそのまま定着して豊満バストになりました」と豊乳手術ではないと仰っていたのが印象的でした。

ですが、年齢を重ねながらも見事なまでのプロポーションを誇るその方の場合、ただ太って体重を落としただけではないはずです。

というのも、バストの土台となる大胸筋・小胸筋と言った筋肉がしっかりしていないとその上に位置するバストやクーパー靭帯が支えらず垂バスト・離れバストなどハリがなく見た目の悪いバストに。

また、運動を取り入れない食事制限などのダイエットをした場合
筋肉量が落ちますからバストがしぼんだように小さくなってしまう傾向があります。
バスト周りの筋肉を鍛えて上げつつ体重をゆっくり
慎重に落としてあげることで、太って大きくなったバストの維持が可能になるのです。

JEWEL RINGより一言

太ると胸が大きくなるのは女性という体質上、多くの方が経験されています。
ただし、できることならば大きく育ったバストをそのまま維持したいものですよね!

乳腺を発達させる生活を心がける、バスト周りの筋肉を刺激して衰えないようにしてあげる、また、バスト周りの血行を良くしてホルモンのめぐりを良くするなどが大切です。

JEWEL RINGではバストアップ施術だけでなく、お客様の体質に合わせたバストアップのホームケア方法についても丁寧にご紹介させて頂きます。
いつでもお気軽にご相談くださいませ。

関連記事

  1. 【豊胸後の経過と注意点】老化させない、術後の正しいバストケア…

  2. 胸大きくする【豆乳】

    胸大きくする【豆乳】の勘違いについてご紹介します

  3. 胸の大きさの決定要素は?左右差バスト・大きさと見た目が一致し…