「育乳体操(バストアップ体操・マッサージ)」にはどうな効果があるか?②

「育乳体操(バストアップ体操・マッサージ)」にはどうな効果があるか?

の続き・・・

美肌になれる

バスト周辺の血液やリンパ液の流れが滞っていたら、顔や頭に流れる

血液やリンパ液も流れが悪くなり、女性ホルモンのバランスが乱れます。

バスト周辺の血液やリンパの流れが良くなれば女性ホルモンも活性化して”美肌”になります!

乳癌、乳腺症、女性のトラブルの予防と早期発見

バストの腫瘍は、体液の循環不全によって組織が弱くなり
免疫力が低下したところに発生しやすく、育乳体操で血液やリンパの循環を促すことが
女性特有のバストのトラブルの予防につながります。

またバストを揺らして、触れる習慣をつけることにによって自分の体の異変
に気がつきやすくなります。

更年期の改善

全身の血液循環がよくなることによってホルモンのバランスが整い
更年期障害の症状を緩和することができます。

自分でバストを触るということは自分の体を知るということ。

小さいバストだと鏡にと映る自分や触れることを
現実として受け入れたくない気持ちはわかりますが

自分の身体をよく知るというごく当たり前のこと

初めは躊躇するかもしれませんが自身に向き合うつもりで

胸をはってあるけるバストを手に入れるまで頑張りましょう。

関連記事

  1. バストアップしながらダイエット

  2. 【20代育乳モニターのお客様】befre after

  3. 基礎体温とホルモンリズム(バストアップに大切なこと)

  1. 2020.06.22

    【豊胸後の経過と注意点】老化させない、術後の正しいバスト…

  2. 2020.06.20

    プロテイン摂取でバストを大きくできる?効果的なプロテイン…

  3. 2020.05.21

    【営業再開のお知らせ】

  4. 2020.05.18

    「スクール卒業生の声」ページを更新いたしました。

  5. 2020.04.11

    【ジュエルリング】式育乳メソッドの通信講座が人気です

  1. 2020.06.22

    【豊胸後の経過と注意点】老化させない、術後の正しいバスト…

  2. 2020.04.11

    【ジュエルリング】式育乳メソッドの通信講座が人気です

  3. 2020.04.03

    バストアップエステの効果と持続性・内容・費用・適正年齢を…

  4. 2020.03.09

    胸の大きさの決定要素は?左右差バスト・大きさと見た目が一…

  5. 2020.02.10

    【必見】出産後の胸の大きさをキープする方法