お尻が黒ずみ・色素沈着で汚い…原因ととっておきの対策法!

お尻の黒ずみや色素沈着、ブツブツとした吹き出物やざらつきetc…。

デリケートな部位のお悩みとあって、家族や友人に相談するのも気が引けますよね。

「私のお尻、汚いかも…。でも、どうやって改善すればよいの?」と1人で悩まれる方も少なくありません。

バストアップサロンのJewel Ringでは、そんな悩めるたくさんの女性の声から

美尻・ヒップアップメニューを導入することとなりました

 

今回の記事では、お尻の黒ずみ・色素沈着・吹き出物などの、トラブルの原因とお家で出来る対策方法をご紹介して参ります。

お尻が汚いとお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

 

お尻の黒ずみ・色素沈着の原因と対策

 

顔のシミやくすみ、黒ずみ毛穴など、ほとんどの原因は紫外線。

では、なぜ紫外線とは縁遠いいお尻が黒ずんでしまうのでしょうか?

 

原因1:擦れ

 

お尻は24時間下着やお洋服などと擦れているため、その刺激がメラニン生成を活性化させて黒ずみ・色素沈着の原因になるんです。

テレワーク・デスクワークが増えている中で、同じ部位に圧がかかりっぱなしになれば、特定の箇所だけが黒ずんでいると言うケースも。

痩せ型さんで、刺激へのクッションとなるお尻に脂肪の少ない方ほど、お尻への黒ずみや色素沈着が起きやすくなります。

 

原因2:乾燥

 

お顔の保湿ケアはしていても、お尻の保湿ケアはなかなかしませんよね。

実は、お尻も顔の皮膚と同じように乾燥します。

お肌が乾燥すると、お肌の水分が内側から蒸発しやすくなり、その結果お肌を守るバリア機能が乱れます。

お肌がいつも以上に刺激にもろくなり、擦れ・摩擦・圧などの刺激に過敏に反応。

メラニン生成を促進しやすい状態になってしまうんです。

また、乾燥によってお肌がごわつくことも余計にお尻が黒ずんで見える原因になります。

 

原因3:股付近などシワによる影

 

年齢とともにヒップ周辺の筋肉や脂肪が収縮した結果、とくにヒップ下方に皮膚が余ってシワが寄りやすくなります。

滑らかな紙でも、丸めるとがさつき、影があちこちにできて黒っぽく見えますよね。

ヒップだけでなく、肘や脇などでも起きやすい現象です。

 

ヒップの黒ずみ・色素沈着を予防するポイント

 

1:尻にかかる刺激・擦れ・圧などをできるだけ少なくする

デスクワークをする方は座らないというチョイスはないため、お尻に低負担のクッションの使用をはじめ、姿勢を見直すことも大切です。

猫背になる方だとお尻全体で座るような形になり、色素沈着の範囲を広めてしまいます。

正しい姿勢で座ると、接触する面は腰骨の出っ張り部分ですのでヒップへの圧や負担が断然に減ります。

また、下着を見直すのもおすすめです。

どんなに良い素材でも、ショーツの内側の縫い目やレースなどが刺激になります。

Tバックであればビキニラインの黒ずみが少なくなるかと思いきや、臀裂部に強い摩擦が掛かりがちです。

もっとも刺激・擦れが少ないタイプの下着としておすすめなのが、ボクサーパンツです。

とはいっても、ボクサーパンツはなんとなく華やかさに欠けるので、「毎日使うのはちょっと…」という方もいらっしゃいますよね。

シーンによって使い分け、できるだけ優しい素材の下着、縫い目のない工夫がされた下着なども役立てて行きましょう。

 

2:保湿ケア

お家では、お風呂の際に黒ずみが気になる部分にマイルドなピーリングを行い(週に1回程度)、毎日クリームなどでしっかり保湿をしてあげましょう。

 

 

お尻にブツブツとした吹き出物!?原因と対策

 

お尻にブツブツとした赤いできものや、熱をもったような大きなできものが…。

そのまま放置していると、炎症の悪化から赤みや色素沈着が深刻化します。

ただのニキビかと思いきや…?実はお尻にできるニキビや吹き出物は、普通のニキビとは違うケースもあるのです。

 

 

原因1:毛嚢炎(もうのうえん)やマラセチア毛包炎

 

お尻にできるニキビのほとんどは、毛嚢炎(もうのうえん)または、マラセチア毛包炎(もうほうえん)です。

通常のニキビがアクネ菌への感染が原因ですが、毛嚢炎は、毛穴に細菌や黄色ブドウ球菌などのバクテリアが感染、マラセチア毛包炎ではラセチア(真菌)によって発症します。

ニキビとは原因菌が違うため、いくらアクネ菌対策をしていてもお尻のニキビが一向に良くなりません。

毛嚢炎や毛包炎を疑い、皮膚科や産婦人科で処方薬をもらった方が効きが早いでしょう。

 

原因2:通気性の悪さによる雑菌の繁殖

 

ショーツの上にストッキングなど、女性のお尻は汗や皮脂が繁殖しやすく、雑菌の温床になりやすい部位です。

汗のかきやすい夏場はとくに要注意!

 

原因3:長時間のデスクワーク

 

長時間同じ体勢で座っていることで、汗や皮脂の分泌が妨げられると、毛穴詰まりに繋がり、詰まった毛穴内で化膿することも。

痛みを伴うニキビ・できものに発展しやすくなります。

 

お尻にできたできもの・ニキビへの対策

 

お尻にできたできものやニキビへの対策として、次のポイントを意識してみましょう!

  • お尻の肌を清潔に保つ
  • 通気性の改善
  • 顔用のニキビアイテムを使う
  • すすぎ残しに要注意

 

それぞれ詳しく解説します。

 

1:お肌の清潔を保つ

 

ヒップ全体をできるだけ清潔に、乾燥させた状態に維持できるよう努めます。

スポーツをされている方であれば、スポーツ後にすぐに汗をシャワーで流すほか、夏場の外出でお尻が蒸れるようであれば汗拭きシートで小まめに清潔にするのも良いでしょう。

 

2:通気性の改善

 

下着は化学繊維ではなく、吸水性に優れお肌をドライに保つコットンがおすすめです。

湿気をため込まないように、下着が汗で湿ったら適宜交換し、お肌を乾燥させてから下着を履くことも意識してみましょう。

VIO脱毛をすることも、下着内にたまりやすい湿気や雑菌繁殖対策の1つになります。

 

3:顔同様のニキビケア商品も活用

 

ヒップケアには顔用のニキビアイテムの洗顔料やクリームの活用もおすすめです。

ピーリング作用のあるサリチル酸やグリコール酸、抗菌作用のある過酸化ベンゾイルや、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kなどを配合した製品を選ぶといいです。

マセラチア菌や真菌ができものの場合には、抗生物質が必要になるケースも。

3、4日ほど様子を見て変化がないようであれば、医療機関を受診しましょう。

 

4:すすぎ残しに注意

 

シャンプーやボディーソープなどのすすぎ残しが、お尻のニキビやできものを悪化させているケースも多いです。

ボディを洗うのは最後にするか、お風呂から上がる際には体をよく流すように気を付けましょう。

 

お尻がざらつく原因と対策

 

ぷるん、艶っとしたお尻が理想でも、実際はガサガサ…。

実はお尻は体の他のどのパーツ以上にも、ざらつきやすい部位なんです。

触りたくなるマシュマロ美尻を目指すためにも、お尻がざらつく原因と対策を今すぐチェックしてください!

 

原因1:固まった角質

 

お尻は下着による締め付け、下着の擦れ、長時間の椅子や床との擦れにさらされて、常に刺激と隣り合わせの部位です。

刺激からお肌を守ろうと本能が働いて、肌がどんどん厚くなり、角質が硬くなることでザラつきやすくなります。

 

原因2:ターンオーバーの滞り

 

デスクワークなどで長時間お尻を圧迫し、血行不良が続くと新陳代謝の低下に繋がります。

その結果、お尻の肌のターンオーバーが乱れてしまうことに。

偏食やストレス、睡眠不足なども、お尻の皮膚のターンオーバーに悪影響を与えます。

 

お尻のザラツキへの対策

 

お尻に固く蓄積した角質を取り去り、お肌のターンオーバーの正常化を助けることが大切です。

1週間に1回のペースでよいので、酵素系洗顔料やスクラブを使用して、お尻の角質ケアを実践してみましょう。

そして角質ケアの後の保湿ケアもしっかり行います。

お尻の肌が擦れや摩擦などの刺激に弱ければ弱いほど、ダメージを軽減しようと角質が肥大化して皮膚が分厚くなります。

保湿ケアで刺激に強い柔軟性のあるヒップに導いて、最終的には角質ケアの頻度が少なくても大丈夫な美尻を目指しましょう。

  • ペリカン石鹸
  • シアクル
  • 薬用イビサボディスクラブ/

 

プロのケアで最短!美尻ケア・ヒップアップならジュエルリングへ

 

プルンとしたマシュマロ美尻を叶えたい皆さま、バストアップサロンのJewel Ringでは、新たに導入した美尻メニューが大変好評です!

Jewel Ringの美尻エステでは、たるみ・黒ずみ・ブツブツ・ザラツキといった、すべてのお悩みを一挙に解消いたします。

 

【Jewel Ringの40分ヒップケアでできること】

・ヒップアップで気になるお尻たるみの解消

当店の美尻メニューでは、ヒップの引き上げにお尻吸引マシンと筋肉運動を叶えるEMSを使用します。

お尻吸引マシンを使うことで、日頃のデスクワークや同じ姿勢で滞りがちなヒップの血行を促進させると同時に、お肌をキュっと引き締め上げます。

さらに、鍛えるのがなかなか難しい美尻作りに欠かせない筋トレをEMSで叶え、土台からヒップアップ。

施術直後から引きあがったヒップに驚かれる方が続出しております!

お尻と脚の境目がはっきりするため、ヒップアップだけでなく、脚が長く細く見えると大好評です。

 

・黒ずみ・ブツブツ・ザラツキケア

美尻ピーリングと美尻パックで、黒ずみ・ブツブツ・ザラツキを徹底予防・対策。

仕上げの美尻太ももハンドマッサージで、肌代謝と引き上げ力をさらにアップさせます。

 

継続して通っていただくことで、肌荒れのない美尻をキープしやすくなり、万が一お肌が荒れてしまっても、回復力の高いお肌が手に入ります。

1回のみのご来店でも、施術直後からのたるみ改善と、翌日以降からヒップ肌のコンディションの改善を実感していただける施術内容です。

  • 汚尻トラブルを根本から改善したい
  • 特別な日に備えたスペシャルケアをしたい

 

バストアップサロンのJewel Ringにお任せくださいませ。

皆さまのご来店・お問合せを心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. オバサン体型?たるみ尻を解消!簡単にできるヒップアップ方法

  1. 2022.03.31

    オバサン体型?たるみ尻を解消!簡単にできるヒップアップ方…

  2. 2022.03.31

    お尻が黒ずみ・色素沈着で汚い…原因ととっておきの対策法!…

  3. 2022.02.22

    まな板さんにこそナイトブラ!バストアップ効果とおすすめ商…

  4. 2022.02.22

    【2022年最新版】ナイトブラとは?バストアップ効果と昼…

  5. 2022.02.14

    肩こり解消が美バストへの近道!バストアップサロン直伝の改…

  1. YouTuberのしろねこみゃあこさん

    YouTuberの「しろねこみゃあこ」さんが育乳マッサー…

  2. 施術後は【自分の胸と思えない』と!

  3. 木村 恭子

    バストアップサロンの効果と持続性・内容・費用・適正年齢を…

  4. 【豊胸後バストマッサージで定着率UP】豊胸手術後の正しい…

  5. 【必見】出産後の胸の大きさをキープする方法

  1. まな板さんにこそナイトブラ!バストアップ効果とおすすめ商…

  2. バストアップの基本!「おっぱい外し」マッサージ

  3. 【2022年最新版】ナイトブラとは?バストアップ効果と昼…

  4. プロテイン摂取でバストを大きくできる?効果的なプロテイン…

  5. ピルとバストアップサプリの危険な飲み合わせについて