女性ホルモンってなに?女性ホルモンとバストの関係性(バストアップするために)

女性ホルモンってなに?

女性ホルモンとは、女性が妊娠、出産のできるカラダをつくるために、
脳が指令を出し、卵巣でつくられる2つのホルモンの総称です。

●基礎体温を測ると、女性ホルモンが正常に分泌されているかがわかる

女性のカラダは男性に比べて、不調な時期が繰り返されたり、体調や精神が乱れやすいと思いませんか。 それは、女性ホルモンの影響。女性のカラダはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン) という2つの女性ホルモンの働きによって、コントロールされています。 これら2つのホルモンは、一定の周期でそれぞれの分泌量のバランスを変えながら、女性のカラダと心に作用しています。
このバランスが正しければ基礎体温はきれいな二相曲線を描き、生理、妊娠、出産などができるのです。

エストロゲン

【 働 き 】

  • 女性らしさをつくるホルモン
  • 女性らしいカラダをつくり、子宮に作用し、妊娠に備えて子宮の内膜を厚くする
  • 自律神経、感情の動き、骨、皮膚、脳の働きにも大きく関わっている
  • 基礎体温を下げる働きがある

【 分 泌 時 期 】

  • 生理の終わり頃から、排卵前にかけて分泌が多くなり、基礎体温は低温相を示す
  • エストロゲンの分泌が多い時期は、卵胞期と呼ばれ、比較的カラダも心もお肌も安定し、体調が良い時期

プロゲステロン

【 働 き 】

  • 妊娠を助けるホルモン
  • 受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態にととのえ、妊娠後は妊娠を継続させる働きをする
  • 体内の水分を保持したり食欲を増進させる働きがある
  • 基礎体温を上げる働きがある

【 分 泌 時 期 】

  • 排卵後から次の生理にかけて分泌され、基礎体温は高温相を示す
  • プロゲステロンの分泌が多い時期は黄体期と呼ばれ、人によっては、腹痛、腰痛、頭痛が起きたり、むくんだり、精神的に不安定になってイライラしたり、吹き出物が出たりすることもある
    ※このような症状が重くなると、月経前症候群(PMS) と呼ばれる

関連記事

  1. 肝斑治療

  2. バストキープしながらダイエット成功

  3. DVD『いつでもどこでも3分 38歳からでも2カップアップ …

  1. 2022.06.06

    話題の光豊胸とは?気になるバストアップ効果や副作用も解説…

  2. 2022.03.31

    オバサン体型?たるみ尻を解消!簡単にできるヒップアップ方…

  3. 2022.03.31

    お尻が黒ずみ・色素沈着で汚い…原因ととっておきの対策法!…

  4. 2022.02.22

    まな板さんにこそナイトブラ!バストアップ効果とおすすめ商…

  5. 2022.02.22

    【2022年最新版】ナイトブラとは?バストアップ効果と昼…

  1. 背中や脇に流れていた胸が本来に位置に戻ります!

  2. 施術後はDカップから溢れんばかりの お胸に!

  3. 【ジュエルリング】式育乳メソッドの通信講座が人気です

  4. 【Jewel Ring】ジュエルリングバストアップスクー…

  5. 胸の大きさの決定要素は?左右差バスト・大きさと見た目が一…

  1. 太ると胸が大きくなるはホント?痩せたらバストも小さくなる…

  2. プロテイン摂取でバストを大きくできる?効果的なプロテイン…

  3. 木村 恭子

    バストアップサロンの効果と持続性・内容・費用・適正年齢を…

  4. まな板さんにこそナイトブラ!バストアップ効果とおすすめ商…

  5. ピルとバストアップサプリの危険な飲み合わせについて